トレーニング後に炭水化物を摂るべきか?

「トレーニングの直後に食べるものとして一番いいものはなんですか?」

「グリコーゲンを補給し、インスリンの分泌を抑制し、筋肉を増やす為に、吸収の早い炭水化物が必要だと聞きました。でも、運動後に炭水化物をとると、脂肪が燃えなくなると聞きましたがどちらがただしいのでしょう?」

運動後、吸収の早い炭水化物を多くとるということは、グリコーゲンの吸収率を加速させるというものです。グリコーゲンとは体内に蓄えられた炭水化物のことです。

そしてこれは回復または成長を早めるというものです。

運動後数時間立ったときに比べ、運動直後に炭水化物を摂ると筋グリコーゲンは急速に合成されることは事実です。

2−3時間後に炭水化物の摂取を遅らせた場合、筋グリコーゲンの再生成の割合が50%落ちるという研究があります。

しかし、いつ炭水化物が消費されたということに関わらず、もし十分に食事で炭水化物を摂れている限りグリコーゲン値は1日や2日後に通常にもどります。

 


疑いなく、グリコーゲンの再合成を促進することは、グリコーゲンが枯渇する持久力スポーツにとってとても重要なものです。

同じような利点が1日に2回(例えば朝・夜)のレジスタンストレーニングをすることによってもたらされます。


 

グリコーゲンの回復スピードが、ある一定の環境で重要なことはありますが、ほとんどの人はそうではありません。

 

インシュリン値を上昇させないことや、筋肉をつけるといった目的の為に、運動直後に炭水化物を摂るべきとする考えはただの作り話です。

 

炭水化物がそうするように、タンパク質を多く含む多くの食べ物は、インシュリン値を上げる作用があります。

純粋なグルコースよりも、例えばホエイプロテインはインスリンレベルを上げる、より大きな影響があります。

タンパク質単体からおこるインスリンレベルの上昇は、ウェイトトレーニングの後に通常起こるタンパク質の分解の上昇を妨げます。

研究によると、プロテインシェイク単独摂取と比べて、運動後の炭水化物の摂取は筋肉をつけると言った有力なエビデンスはありません。

 

脂肪燃焼効果はどうか?

運動直後に即効性のある炭水化物(糖質)をとるのは痩せることを阻害すると聞いたことがあるかもしれない。

ある研究では、食後の炭水化物(糖質)をおおく含む食事じゃ、脂肪の酸化に待ったをかけると示しており、他の研究では差がないなどという結果もある。

他の試みで、ワークアウト前の食事と水分補給の3時間後、脂肪代謝の観点で脂肪の燃焼に大きなカロリーの消費がなかったとある。

British Journal of Nutrition誌に掲載された実験では、ワークアウト後に400gのパスタなどの高炭水化物食を食べたとしても、脂肪酸化値は高いままという結果もあります。

その一方でコロラド州大学の研究では、運動直後に高炭水化物食を摂ると脂肪酸化の激減が見られました。

カナダの研究チームは 運動前のミルクシェイクの摂取した時、運動後に起こる脂肪代謝の上昇を制限すると示しています。

 

しかし、これらの4つの実験は実地応用が十分でない理由として、短期間で実験をおこなうことは真の体の変化がわからないからです。

 

脂肪をなくす為に、絶対しなくてはいけないことはカロリーを抑えることです。

まとめると、運動後に炭水化物を摂ることは間違っていません。

脂肪燃焼は妨げませんが、筋肉が早くつくものでもありません。

 

 

 

①アナボリックステロイド

↓ ↓ ↓ ブログ運営者も使用し、効果を出したサプリ ↓ ↓ ↓

使い方はこちら

②超脂肪燃焼サプリ(非ステロイド)
ブログ運営者の使用したサプリ。使い方はこちら!

③精子量UP、精子量増大効果ケアサプリ!!

 


こちらも合わせていかがですか?

 

スーパーカマグラ(ED治療・早漏防止)

スーパーカマグラは、ED治療薬バイアグラの主成分シルデナフィルと、早漏防止成分のダポキセチンを配合したED治療薬です。

勃起を促しながら、射精にいたるまでの時間を延長させます。

シリマリン

キク科のマリアアザミ(ミルクシスル)から抽出したシリマリンを配合したサプリメントです。

古くからヨーロッパで使用されていたマリアアザミ(ミルクシスル)は、元気な乾杯をサポートする肝要な有用成分として知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です