オススメ!プロテインの種類・選び方

プロテインはいまやどこでも手に入るものです。
プロテインゼリー・プロテインミルク・プロテインウォーターと様々な形状で摂取することができます。
しかしプロテインの効果を最大限に発揮するための間違った情報が氾濫しているようです。
 
色々なプロテインの製品の中から、いつ、どのぐらいの量をとるのが最適なのでしょうか。
ここで一緒にプロテインについて改めて確認していきましょう。
 

 

良いプロテインサプリの定義は何でしょう?

 
① それがわかる一つの指針として、1スクープ中のタンパク質量です。
品質の良いプロテインとして、最低でも1スクープあたり20gは含むものを選びましょう。
平均のマーケットをリードしている会社は約24gほど含んでいます。
 
② 2つ目に、アミノ酸スペクトラムです。
良いプロテインサプリは9種類の必須アミノ酸を含んでいることです。
 
③ 最後に、プロテインサプリの固有物質です。
これは効き目のスピードや、体を大きくするアナボリック作用があるかということです。
すべてのサプリが同じものを含んでいるわけではありません。
 
 

ホエイプロテイン

 
プロテインサプリのスタンダードなものとして、ホエイが最も有名で世界中で最も手に入りやすいものでしょう。
 
チーズ製品の副産物として、ホエイは独自の性質があります。
例えば・・
 
★ 即効性:筋細胞にいち早く届きます。
★ コンプリートプロテイン:ホエイプロテインはBCAAとともに、すべての必須アミノ酸を含み、体内窒素のバランスをとります。
 
こんな人にオススメ: どんな方にも対象です。リーズナブルですし手に入りやすいでしょう。運動前後に1スクープ飲みましょう。
 
これに注意!:ラクトースに免疫がない人やミルクプロテインにアレルギーがある方
 

 


カゼインプロテイン

 
ホエイと兄弟的なものがカゼインで、こちらも乳成分からつくらえます。
カゼインは強力なアナボリック状態(筋肉をつける作用)にしてくれます。
ホエイに比べ、アミノ酸の吸収がゆっくりです。
またホエイプロテインと組み合わせによって相乗効果も期待できます。
 
 
摂取タイミング:
 
・就寝前:吸収スピードがゆるやかなので、睡眠中でもアミノ酸を供給してくれます。
 
・食事の時間に遅れた場合:日中に時間通りに食事をとれない場合に良いでしょう。
 
・日中に常にアミノ酸を行き届かせるために飲むのも効果的です。
 
 
こんな人にオススメ:トレーニング中級者。
 
これに注意!:ラクトースに免疫がない人や乳製品にアレルギーがある人トレーニング前後は吸収が遅いので、即効性が必要な際は向かない。
 
 

 


 
 

この夏は!を間に合わせるサプリ!超オススメです。

使い方はこちら

 


ベジタリアン プロテイン

 
こちらも比較的乳製品を取らない方の間で人気です。
 
こういったものによく含まれます。
・アルファルファ
・アーティチョーク(チョウセンアザミ)
・チアシード
・亜麻仁
・キヌア
・大豆
 
 
厳密に言えば、大豆由来のプロテインは男性は避けるべきです。
それは女性化作用があるからです。大豆は女性ホルモンのエストロゲンに近い構造をしているからです。
 
 
 
こんな人にオススメ:ヴィーガンや自然由来の素材に興味がある方
 
これに注意!栄養管理にとても正確な方
 
 

 

コロストラム

 
 
コロストラムを知っている人は少ないでしょう。
コロストラムは、栄養密度の点で、他のプロテインサプリより優っており、プロテインの金メダルと言ってもいいでしょう。
 
コロストラムは白い見た目で、牛や羊などの哺乳類を原料としています。
ホエイプロテインのポテンシャルを持ちながら、成長を促進するビタミン、ミネラル、抗体物質を強力に含んでいます。
またIGF-1のような成長因子のレベルを上げます。
 
 
コロストラムは、生後間もない動物の成長を促進するスーパーフードで、プロテインとしての機能も持ちながら、健康を促進する役割もあるのです。
 
酸化ストレスを緩和する: :研究ではトレーニング前に摂取すると
、激しい運動によって引き起こされるフリーラジカルを緩和し、トレーニング後の回復を早めます。
 
IGF-1を供給する: IGF-1は主な筋力増強の役割がある成長ホルモンです。ボディービルダーはときにIGF-1生成をブーストするためにHGH注射をします。
 
ガンのリスクを減らす; GcMAGFというマクロファジ(貪食細胞)を強力に増やす作用があります。マクロファージはガン細胞や小さな腫瘍を破壊し、悪影響を成長することを防ぎます。
 
 

 

 


コラーゲンプロテイン

 
こちらは筋肉の成長には直接影響があるものではなく、脇役として体や結合組織をサポートしてくれます。
結合組織は関節や髪、肌を含まれるもので、コラーゲンはそれら全てに関与しています。
コラーゲン不足は最近問題視されており、コラーゲンの源である結合組織の部分を食事することを好まない傾向にあるからです。
ゼラチンはコラーゲンが調理されたものです。2つのアミノ酸、プロリン、グリシンから作られ、関節を強くする作用以上の効能があります。
 
摂取する利点とし・・
 
睡眠を改善します。 これはグリシンがGABAレセプターに作用するからです。
テストステロン値を上げます。 グリシンはコルチゾールの抑制作用があることからです
 
 

非ステロイドで副作用の心配もなく使える、スーパー脂肪燃焼サプリ!

使用法など詳しくはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です