女性化作用・女性化乳房を防ぐ!アリミデックス &ノルバデックス

 

 

 

アナボリックステロイドの副作用の1つとしては写真のようにアロマ化してしまう「女性化乳房」です。

女性化乳房は文字通りに、男性が女性の様な胸になることを意味しています。

そしてこの女性化乳房は症状が進行すると外科手術で対応していかなければなりません。

 

アリミデックスとノルバデックスは、どちらも乳がんの治療薬として使われており、アナボリックステロイドユーザーに使用されていることで有名です。

女性化乳房を避けるためにもこのサプリメントを万が一の為に備えておきましょう!


 

 

🔽 アリミデックス 🔽

 

 🔽  ノルバデックス 🔽


アリミデックスとノルバデックスの効果

 

どちらも、女性化乳房に繋がるアロマターゼという酵素の働きを無効化する作用があります。

またテストステロンの分泌を活発にさせ、睾丸の機能も上昇し精子の生成が促されるという作用もあります。

 


 

なぜアナボリックステロイドを使用すると女性化乳房が起きてしまうのか?

 

簡単にご説明すると、男性ホルモンの濃度が体内で上昇すると、女性ホルモンも刺激し、それが女性化作用を引き起こすとされています。

しかし、女性ホルモンに影響を受けない人が大半で、1種類のみのアナボリックステロイド使用ではまずこの症状は通常起きないと言われています。

 


アリミデックスのノルバデックスの違い

 

アリミデックスは ステロイドサイクル中に使用するもの(女性化乳房が起きた際に使うのは効果が薄い)

ノルバデックスは サイクル後女性化乳房の兆候が見られた際に使用するもの(ステロイドサイクル中に使うと阻害されてしまうので)

 

と考えておくと良いでしょう。

 


 

アリミデックスとノルバデックス。どちらを使えば良い?

 

どちらもサイクル中とサイクル後とそれぞれ使用しても良いのですが、女性ホルモンを下げすぎてしまう可能性があり骨粗鬆症の原因にもなり兼ねないのでどちらかを使うようにしましょう。

またオキシメトロンやメダナボルのように強いランクのアナボリックステロイドを、他とスタック使用する際は、どちらも摂ることをオススメします。

 


アリミデックスのノルバデックスの使い方

 

・アリミデックスは アナボリックステロイドサイクル中に一日一回1mgを服用しましょう。

・ノルバデックスは サイクル中に女性化作用が発症した場合に。まずステロイドサイクルを中止し、1日20mgを4週間服用しましょう。

 

副作用はあるのか?

 

どちらもとりわけ副作用はなく、男性では特に気にする必要はありませんのでご安心下さい。

 

 


リーズナブルなジェネリック『サイトタム』

 

効果は同じでジェネリック価格!

 🔽 サイトタム 🔽


合わせて読みたい必須のケア剤の「クロミッド」

 

「クロミッド」は 睾丸機能低下やカタボリックを強力に抑える必須のケア剤!

 


🔽 アリミデックス 🔽

 

 🔽  ノルバデックス 🔽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です