ハゲやニキビを抑えるプロペシアのジェネリック「フィナロイド」

アナボリックステロイドの副作用として

  • ニキビが増える可能性 ←すぐ収まりましたが筆者が経験しました
  • 男性型脱毛症の可能性 ←既に脱毛に悩まされてる人以外は大丈夫!
  • 前立腺肥大 ←既に脱毛に悩まされてる人以外は大丈夫!

などが挙げられます。

他に女性化乳房が起きないか日々チェックしていました^^;

ニキビ・ハゲなどの症状が現れる原因は?

アナボリックステロイドを使用するとDHT(ジヒドテストステロン)が増加し、そのDHTが上記の原因になるとされています。


副作用を回避する「フィナロイド」はプロペシアジェネリック!!

これらの副作用を回避する方法として、成分がフィナステリドの「プロペシア」を使用するのが一番良いとされています。

 

またご紹介する「フィナロイド」プロペシアのジェネリックで全く同じ有効成分で、非常にリーズナブルとなっています。

 

(※他にも高いものもありますが、筆者はケア剤はリーズナブルな物で負担を減らしてほしいと思います。)

 

5αリダクターゼ阻害薬としてDHTの生成を抑え、減少させる効果が実証されています。(下表のCQ1とCQ4でAランク)

 

フィナロイド

出展

現に脱毛が進行している人にも効果がある、高い臨床実験の結果は98%!!

MSD社の臨床実験では、その98%の被験者がAGAの進行を抑えることに成功しています。

一番下のグラフでは改善された方が58%進行を抑えられた方が40%という数値になっています。

 

プロペシアの副作用は?

研究の結果、全体の4−5%ほどの人に性欲減退の副作用が現れたようです。

 

フィナロイドは男性ホルモンの作用に関係しているので影響が出るとされています。

 

しかしステロイドサイクル中は男性ホルモンが体内で活発になっているので心配する必要はなさそうです。

 

プロペシアは効果が高く、副作用の心配が少なく安心して使えるケア剤です!

“ハゲやニキビを抑えるプロペシアのジェネリック「フィナロイド」” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です