脂肪燃焼神話 〜腹の脂肪をなくすシンプルでベストな常識〜

もし永遠にシットアップや、何時間に渡る退屈な有酸素運動、また全く約に立たないサプリにお金を捨てるような事をせず、腹の脂肪をなくす方法を知りたいのであればこの記事ではその方法をお伝えしようと思います。

腹の脂肪はよく落としにくいと聞いたことがあるかもしれませんが、それは一体”どの部分”の腹部分によります。

 

非ステロイドで副作用の心配もなく使える、スーパー脂肪燃焼サプリ!

詳しくはこちら

2種類の腹部についた脂肪

腹部には大きく分けて2種類の脂肪の種類があります。

まず、内臓脂肪。こちらは体内の見えない部分にあり内臓周りにあります。

2つ目は皮下脂肪。一方こちらは目に見えてわかるもので、指でつまめるものですね。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べ、脂肪が蓄積し易いものです。しかし内臓周りは、血液やホルモンが通っていることから、比較的落としやすいものです。

その一方、皮下脂肪は落としにくいとされています。特に腰回りや、背中下部、腹筋下部です。

腹部の脂肪を落とす方法

ウェイトトレーニングは筋肉を付けたい人のものであって、有酸素運動が一番脂肪が落ちやすいのだと言う人もいるでしょう。これはまず間違っています。

ウェイトトレーニングは筋肉を付けたい人のみでなく、前提的にかっこよく見える体を作るものです。

はじめに、もし、ダイエットの食事だけで筋トレをしなければ、脂肪と同じく筋肉まで落としてしまいます。

ウェイトトレーニングはダイエットの食事中でもとても重要なものです。筋トレをしなければ、脂肪でふわふわしたただのミニバージョンのあなたになるだけです。

”痩せ太り”体型の人は共通して、ダイエットの食事と有酸素運動のみ、または食事制限のみで体重を減らそうとします。こういった方法では、代謝を上げ脂肪を分解する筋肉が落ちてしまいます。

2つ目に、適切にプログラムされた、負荷のあるトレーニングは、トレーニングをする時もしないときでも脂肪を燃やします。

体は、運動をしようがしまいが、座っているときでも何もしていないときでもいくらかの脂肪を燃焼させます。

しかし、ウェイトリフティングトレーニングをすると、運動後も顕著に脂肪を燃やしていることは明らかです。

脂肪燃焼は早い段階で起こり、1回のトレーニングにつき、脂肪を最低24時間は燃焼していると言うデータもあります。

ある実験で8人の男性がウェイトリフティングトレーニングを40ー45分しました。

腹部に透析プローブというものを埋め込み、実際どのぐらいの脂肪が減ったのかを分析しました。

実験でわかったことは、新陳代謝が10%以上も上がり、脂肪燃焼も通常の2倍になることがわかりました。

それだけでなく、運動後、腹部の脂肪細胞を除去する率が80%も上昇していました。

 

つまり、ウェイトリフティングトレーニングは脂肪をもやし、お腹の脂肪をも効率的に燃焼してくれるのです。

 

 

高代謝エクササイズ

研究がエアロビックエクササイズはお腹の脂肪を減らすことは事実です。

しかし色々な研究では、マシンなどで行われる単関節運動が多く小さい筋肉群のみを鍛える、量もすくないものです。

脚、臀部、背中などの大きい筋肉は5−15回で限界になることが最適です。また、お腹の筋肉をへらしたいのであれば、お腹の筋肉を鍛えるだけでなく、それ以外の部分をスクワットやデッドリフト、リフト系、ロウ(引く動き)の種目がいいでしょう。

 

脂肪燃焼を促進する食べ物?

体の脂肪を減らすのは基本的だが、「体の為にならないものは避け、為になるものを食べる」ということが大事です。

あまり言いたくないことですが、脂肪を減らす特定の食べ物はナンセンスなのです。

新陳代謝をアップするものはありますが、全体的に見れば効果は少ないです。

しかし例外が、タンパク質(ポロテイン)で、脂肪燃焼を簡単にしてくれます。

タンパク質と脂肪燃焼

研究では、タンパク質は、炭水化物や脂肪の栄養素などよりも、お腹を満たす効果と言われています。

チョコバーと鶏の胸肉は同じカロリーですが、消化するために代謝を上げ、エネルギーを使うのです。

65名を対象とした実験で、12%のタンパク質の割合の食事と、25%のタンパク質の割合の食事を比較しました。6ヶ月後、多くタンパク質をとったグループが、そうでないグループの二倍もの脂肪が減っていたことがわかりました。

 

クランチは腹の脂肪を落とさない

他のトレーニングに比べ、早くお腹の脂肪を落とすことができるトレーニングはあるのでしょうか。

端的に言うと、この質問の答えはNoです。

腹回りの脂肪を落とすのに一番良いことはクランチを何百回とすることとは関係有りません。これはシットアップでもバイシクルクランチやレッグレイズなどの運動も同じです。

これらのトレーニングは腹筋を作ったり強化することには良いのですが、皮下脂肪に隠れ見えませんし、その鍛えている腹筋がその部分の脂肪を燃やしているわけでもありません。

実験で、24人を2つのグループに分け、腹筋をしたグループとしていないグループに分けたものがあります。 腹筋をしたグループは10回を2セット、一週間5日間トレーニングを6週間続けました。(合計4200回)

しかし、その2つのグループの、腹回りの脂肪を燃やす実験ではほとんど差が認められなかったそうです。

 

腹回りの脂肪を落とすのに一番いいことは、食事を見直し(タンパク質を意識しカロリーを減らす)、リフティングトレーニングを行い、時間が有る際は有酸素運動もしましょう。

 

忍耐強くトレーニングを続ければ、なりたい体に近づける日は遠くないでしょう!

 

 

非ステロイドで副作用の心配もなく使える、スーパー脂肪燃焼サプリ!

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です