あなたの生活にタンパク質を取り入れる7つの道

日々の生活は忙しく、食事の準備などに時間をあまり割くことができないと思います。

なのでつい便利に食べられるものだったり、ファストフードで近道をついしてしまいがちです。

しかし、これは見せかけの栄養なことが多いのです。

そうではなく質の良い最適な量のタンパク質をとるようにしましょう!

 

なかなかそれは難しい!とのことも有るでしょうが劇的なことをする必要はありません。

・バルク買いをする ― バッグの中にプロテインを入れ、いつでも飲めるようにしよう。

 

・前もって計画を ― 1週間の大体のスケジュール、食事回数、ランチを持参するのか、もちろんトレーニング日はいつするのか、ということを準備しましょう。

 

フレキシブルである事、バックアップのプランも持とう ― ストレスなことに、時には計画どおりに行かないこともあるでしょう。そういった時にやる気を削がれないようにするためにプランBも考えておきましょう。

 

これらの姿勢を踏まえ、あなたの結果を最大限にするための便利な食べ物を紹介したいと思います。

 

 

当サイトで一番売れています!

 

 

 


 

1,カッテージチーズ

カッテージチーズは無名のタンパク質の英雄です。

ホエイプロテインと違い、吸収が緩やかなカゼインプロテインを多く含んでおり、夜食にも適しています。

フルーツやナッツ、パンケーキや焼き菓子などにも応用できますし、もちろんそのままでも十分栄養があります。また嬉しいことにビタミンDも含んでいます。

 

 

2,ナッツ

くるみ、アーモンド、ピーナッツ、ピスタチオは色々な食材と相性が良く、栄養価的に良質の脂質、タンパク質を含んでいます。

オートミール、魚と調理、スムージー、サラダ、ヨーグルトなど様々な食物と組み合わせて楽しめます。

 

3,ホエイプロテイン

吸収が早く効果的なホエイプロテインは即効性があり、ワークアウトの前後の栄養として活躍します。

スムージーに限らず、オートミールやパンケーキに入れることもできます。

ブランドによって異なり、1食あたり20−30gのプロテインが含まれています。

 

 

4,チアシード

原産は南米や東南アジアのチアシードは一気に有名になり、い一過性の流行ではなく、栄養の観点からみても人気は保ったままでしょう。

50−60gのチアシードに約8gのタンパク質が生含まれています。他の食べ物の味をジャマしない微かなナッツの食感です。

ヨーグルトやオートミールサラダや、チキンやその他の肉や魚に入れることもできます。またうれしいことに食物繊維や良質な脂質をも含んでいます。

 

5,グリークヨーグルト

通常のヨーグルトの約2倍ほどのタンパク質が含まれており、1カップにつき約16グラムのタンパク質が生まれています。

スムージーに入れたりサラダのドレッシングがわりに使ったり、フルーツの中やオートミールやグラノーラといったもの混ぜても結構です。

 

6,豆、ビーンズ

ベジタリアンだけではなく豆には体にいいものがふんだんに含まれています。脂肪分が少ないだけに限らず多くのタンパク質と、食物繊維、鉄分が含まれています。

米、キヌア、またその他の穀食に入れることによって、あなたの体作りを強力にサポートします。サラダやパスタサラダ、またはそのまま食べてもいいでしょう。

ひよこ豆、黒豆、うずら豆、赤豆には半カップに20gグラムのタンパク質が含まれています。

 

7,卵

卵は無視することができない食材です。なぜなら卵は完全なプロテイン食と評価されているからです。蛋白質はもちろん、ビタミンやミネラルを大量に含みます。

サラダにゆでたまごとして入れたり、スクランブルエッグにし、アボカドと一緒にパンに挟んだりして食べてもいいでしょう。

1個あたりの卵につき約6−7gのタンパク質が含まれています。

 

 

シリマリン

キク科のマリアアザミ(ミルクシスル)から抽出したシリマリンを配合したサプリメントです。

古くからヨーロッパで使用されていたマリアアザミ(ミルクシスル)は、元気な乾杯をサポートする肝要な有用成分として知られています。

 

“あなたの生活にタンパク質を取り入れる7つの道” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です