超消化促進!GW明けのお腹の膨張を改善する8つの食材と栄養素

GWに休みだからといって誘惑に負け、暴飲暴食をしてはいないでしょうか?正月などでもそうですが休日にはつい食べすぎてしまいますよね。

その食べすぎたお腹の膨張は、厳しいトレーニングルーティンで急激に脂肪燃焼する方法はあります。でも結局のところ、食事が大事なファクターとなってきます。

ここでこの8つの食事の自然療法を試してみてはいかがでしょうか。

1,水

水は基本的ですが、消化になくてはならないものです。すばやく体に浸透し、塩分の多い食べ物や、糖類、脂質を消化するのを助けます。水にレモン汁をいれることによって解毒作用もあります!

 

2,ショウガ

ショウガはガスを排出させるのに効果的で、体内循環を良くし、腹痛を和らげます。簡単に摂る為に、すりたてのショウガをティースプーン半分程を、お湯やお茶に入れるといいでしょう。

 

3、カリウム

カリウムはお腹の膨張を和らげる特効薬です。カリウムなしでは、あなたの体は塩分や水分の過剰になります。カリウムをよく含んだ食べ物は、バナナやアボカド、葉っぱ系の野菜、シトラス系のフルーツです。

 

 

非ステロイドで副作用の心配もなく使える、スーパー脂肪燃焼サプリ!

詳しくはこちら

 

4,食物繊維

言わずもがなの食物繊維。全粒穀物*、ナッツ、種、フルーツ、野菜、豆によく含まれており、50才以下の男性だと一日38g、女性なら25gを目安に摂りましょう。

しかし、摂り始めの摂り過ぎは、体にまだ耐性ができていないので注意しましょう!一気にとってしまっては逆効果になります。

 

全粒穀物・・・*精白などの処理で、となる果皮種皮胚乳表層部といった部位を除去していない穀物や、その製品である。

主に玄米、玄米を発芽させた発芽玄米ふすまを取っていない全粒粉の小麦を使った食品、オートミール、挽きぐるみのソバなどがある。

こうした穀物は精白したものより食物繊維ビタミンB1をはじめとしたビタミンB群鉄分をはじめとしたミネラルが多く栄養価に富むために[1]健康を目的として食べられている。また、食物繊維が多いことが消化吸収をゆっくりにし、長時間に渡って空腹感を避けさせる[2]。このことは血糖値を急激に上げないということでもあるが、これも疾患の予防につながるとされる。(Wikipedia出展)

 

5,消化酵素

消化酵素は脂質や、タンパク質、炭水化物を分解し、正常な消化を促し、腹部膨張感や、ガスの溜まり等の問題を減らす効果があります。

3タイプの消化酵素があり、アミラーゼは炭水化物を、リパーゼは脂肪を、プロテアーゼはタンパク質の分解をする役割があります。パパイヤ、パイナップル、グレープフルーツは消化酵素を多く含んだ食べ物です。次にスーパーへ行くときにチェックしてみてください。もしシーズンではない時は、サプリでの代用も可能です。

 

6,マグネシウム

研究で、マグネシウムは消化不良を引き起こす、胃酸を中和しながら、腹部の膨張を和らげてくれることがわかりました。マグネシウムは腸壁の緊張を緩め、ガスの排出を促し、体の水分保持に役立ちます。

バナナ、魚、キヌア、葉っぱ系の野菜、全粒穀物はマグネシウムを豊富に含んだ食材です。

 

 

この夏は!を間に合わせるサプリ!超オススメです。

使い方はこちら

7,オメガ3脂肪酸

もしシーフードが好きな人には良いニュースです。サーモンや他の魚はオメガ3脂肪酸を多量に含んでおり、腹部膨張感や、消化管の炎症を和らげるだけでなく、修復もしてくれます。

 

8,ビフィズス菌

ビフィズス菌はプロバイオティクスの中に見られ、消化管ストレス、痙攣を和らげることが証明されています。ヨーグルトを選ぶ際は、プロバイオティクスのヨーグルトを選んでみてください。免疫機能を強くし、腸のストレスを和らげてくれます。

 


 

これらの8つの食材を急に、ライフスタイルに組み込むことは難しいかもしれません。でもこれらの食材は、しっかりとした食事プランにシームレスに溶け込むことができます。

以外にも最も大事な食事は朝食です。朝で短い時間がないと、腹部膨張をまねき、糖質の多いシリアルやマフィンを食べてしまったりするので、前日の夜の間に、カリウムの豊富なフルーツや野菜の朝食を準備してはいかがでしょうか。

もし急ぎであれば、オートミールにバナナやパイナップル、プロバイオティクスのヨーグルトを混ぜたり、ピーナッツバターをブレンダーにかけ、スムージーにしてもいいですね。好きな野菜や果物のコンビネーションも楽しめますよ。一日のスタートをブーストしてくれ、一日中、トレーニング中もエネルギッシュに行動できます。

 

オメガ3脂肪酸を適量摂ることは、すこし難しいのです。一般的に、健康的でないオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を摂っている方が多いのです。オメガ6脂肪酸はとうもろこし、大豆、キャノーラに存在しており、人間の体には十分にオメガ6脂肪酸があります。

また、週に2回、シーフードを組み込んでみてください。もし苦手な場合はオメガ3脂肪酸のサプリを取り入れても良いです。

 

朝の起き抜けにジンジャーティーを飲むととても効果的です。眠った後は体は水分不足なので、失った水分を補給することが重要です。ジンジャーティーはカフェインフリーなので、コーヒーの代用とまではいきませんが、ジンジャーティーはビタミンCやマグネシウムを含んでいるのでとても良い朝のスタートになりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です