日本人男性が海外(特に欧米)でモテない理由は11個もある!その対処法!

平均の日本人が欧米人に人気のないのは事実

 
全米最大出会い系サイトの「Okキューピッド」の調査によると、全ての人種のなかで女性に最も人気がなかったのは「アジア人男性」。
 
自分から見ても、アジア人男性に対するマイナスなステレオタイプはあながち間違いでもないと思います。
 
ブログ運営者も過去にガリガリで、センスも悪く、ダサい髪の毛をしていたりで欧米人から見向きもされなかった経験から自分を変えた経験があります。
 
 

欧米人がアジア人男性を好む実態

 
アジア人男性好きの欧米人の大半が、アニメやKPOPやビジュアル系などの日本・アジア文化に興味のある人です。
 
または本国の欧米人から相手にされない欧米人が、アジア人となら付き合えると思っているルーザータイプです。
 
しかし特別にアジア人に関心がある人以外で、日本人男性はなぜ欧米ではもてないのか、海外滞在経験から外見と内面で検証していこうと思います。
 
以下の要因から自信がないことに繋がります。
 
また自分なりの解決法もご覧いただけたらと思います。
 
 
 
 


外見の要因

・身長が低い

 
根本治療をするのであれば、骨を伸ばす手術しかありませんがなかなかできるものではありません。
 
ですので、シークレットインソールを入れる事が手軽だと思います。
3−5cmぐらいが一番馴染むと思います。はじめはいつもと歩いている感覚ではないので疲れるかもしれませんが慣れます。
 
またカカトが上がるので、靴のサイズをワンサイズ上げて、ブーツなど長めの靴を履くとまずわからないでしょう。
 
外を歩くときに自信が出ますよ!
 
↓ブログ運営者も使っているインソールです☆
 

 
 

・身体が細い

 
日本の細マッチョや、日本人女性の細身好き信仰は海外では通用しません。
欧米では男性は男らしい見た目であるべきで、ワークアウトは当たり前のこととして思われています。
 
細くて良いのは背の高いミュージシャンなどのアーティスト系のみです。それ以外はオタクに見られがちです。
 
オススメはパーソナルトレーナー(PT)にお願いして「効果のある正しいフォーム」を知ることです。費用面もあるので独り立ちするためにPTからコツを教えてもらいましょう。
 
PTを選ぶ基準として、自分の理想の体型をしているトレーナーを選びましょう。
その人はその身体をすでに作っているので、その身体を作る方法を知っているはずです。
 
また、基礎的なトレーニングや食事がわかってきたら、ぜひオススメしたいのはアナボリックステロイドサプリです。
ボディメイクはトレーニングと食事の知識がなければ意味がないですし、その上で初めてステロイドサプリも活きてくるのです。
 
みるみると身体が変わってくるので、理想の身体になるまでが長くてやる気が続かないということはなくなるでしょう。
 
 
 

③ アナボリックステロイド完全安全ガイド 〜 ブログ運営が1ヶ月だけ使ってみた 初心者体験談・レビュー日記 BEFORE&AFTER 〜使い方、サイクル、効果、副作用の対処法

・あそこが小さい

 
ここを変えることは簡単なことではありません。
身体も細いし、あそこも小さいではダブルパンチなので、せめて良い身体にしましょう。
その上でサプリなどを試してみて少しでも陰茎増大の可能性を上げる事が大事です。
 
 
 

・ファッションがダサい

 
日本人のファッションは足し算です。海外のファッションは引き算です。
服でボリュームを出そうとしないようにしましょう。
 
最高のオシャレは筋肉だという言葉を聞いたことがあると思いますが、その感覚は欧米では常識です。
いい身体をした上でファッションは映えるのです。
 
また、ただでさえ幼く見えるアジア人の顔立ちであれば、子供っぽく見える柄の服や髪型はやめたほうが良いでしょう。
なぜなら欧米人は日本人のロリコンなどの価値観とは正反対で、幼いことは魅力を感じない要因になります。
 
中途半端な髪型や今どきウルフカット(ホスト系)などは短髪にした方が男らしくなります。
 
また日本人がアメカジをしても子供っぽく見え似合う人は限られているので、キレイ目の大人ファッションを意識するといいでしょう。
 
 

・歯並びが悪い

 
 
これはアジア人の最も嫌われる部分です。
 
八重歯や黄色く着色した歯もマイナスポイントになります。
 
特にアメリカでは、歯はその人のステータスを表すものです。
 
高い服を買うのであれば、矯正するお金に回すのが懸命です。(タイトルよりも誇張してしまいました^^;)
 
また悪い歯並びは口臭をも引き起こします。アジア人の口は臭いと思われているので歯だけはどうしても一番に変えましょう!
 
アジア人は目をコンプレックスに思っている人が多いのですが、実際にはそうではなく(極端ではない限り)鼻筋が通っているか、輪郭が綺麗なのかのバランスが見られます。
 
 

・姿勢、歩き方が悪い

 
アジア人は筋肉が前側につきやすいのでどうしても前側の筋肉に引っ張られて背中が丸まってしまいます。
 
ですので、補填するように背中を鍛えると後ろの筋肉に引っ張られるのでバランスのいい体になり姿勢がよくなります。
 
またストライドをいつもより大きくし、自信のある歩き方も意識しましょう。
 
 
 

・食べ方が汚い、音を鳴らす

 
ペチャクチャ音を鳴らして食べていませんか?
 
また海外で麺を食べる時等にSlurp(すする)事はマナーを疑われることになりますので絶対にしないようにしましょう。
 
あと日本ではバクバク美味しそうに食べるのは好感を持たれますが、欧米ではみっともなく見えて魅力的には見えないので気をつけましょう。
 
 

内面の要因

 

・相手に対するアピールが足りない、口説く経験がない

 
日本人は学生時代に相手とそんなに話したことがないのに告白して交際を始めるケースが多いと思います。
 
欧米は付き合う前から会話を積み重ね、お互いを知ってから付き合うケースが多いように思えます。
 
見た目もそうですが、それ以上に性格がユニークでああることはとても欧米では重要なファクターです。
 
遊び人になってもいいので、まずは色んな人とデートをして経験を積みましょう!
 
いつかは本命に会うかもしれませんが、恋愛の経験を上げるためとして出会いアプリなどを使ってみるのもいいと思います。
 
 

・人間力がない、いい人止まりで会話がつまらない

 
ここでいう人間力というのは、自分の意見を持っており、それを伝えることができるという意味です。 
 
ユニークでウィットに富んだ会話を欧米人は好みます。
 
普段から自分の思うことをまとめ、何を考えているのかを面白おかしく言える練習をしましょう。
 
 

・オタクでガリ勉

 
日本ではオタクがメジャー化していてオタクはそれほどからかわれる対象ではありませんが、海外ではイジメ扱いされるときもあります。
 
勉強ができる事もいいですが、見た目も磨くことが大事です。
またほとんどのアジア人は眼鏡をしていて魅力的には映らないポイントになりうることもあります。
 
コンタクトにするかレーシックをして目を小さく見せてしまい何を考えているかわからなくするのを助ける眼鏡を付けないようにしたほうがモテると思います。
 
 
 

・愛情表現が少ない

 
「アジア人は何を考えているのかわからない」。これは恋愛に対してもそうだと思います。
 
日本では言わなくてもわかる関係に美徳を特に感じます。
 
もちろん欧米でもそういう部分もありますが、恥ずかしがらず自分の恋愛感情をキチンと素直に言葉と態度に出すことが大事とされています。
 
 
 
結論として、アジア人でモテる人の条件は顔とファッションだけというよりも、身長がある程度あり、マッチョで笑顔が素敵で、頼れる雰囲気を持った人です。 
 
以上のことを改善して欧米人を振り向かせることができたら、その結果日本人からもモテるようになると信じています!

“日本人男性が海外(特に欧米)でモテない理由は11個もある!その対処法!” への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 【画像】顔で男を選ぶ国、金で男を選ぶ国ランキングが決定するwwwwwwwww – ニーチストの心得
  2. ピンバック: 【画像】顔で男を選ぶ国、金で男を選ぶ国ランキングが決定するwwwwwwwww | 人類最大の目的とは?水晶人間コミュニティDIY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です