注意!太りやすい炭水化物を多く含む食べ物

体脂肪率を減らす「低糖質」食事についてご紹介します!

体を大きくバルクしたい方には味方の食材ですが、体脂肪が高めの方はまず低糖質食事法で12-14%まで下げると、筋肉の合成が加速します。

 

  • 炭水化物 (糖質)が多い食べ物を知る

①主食を避ける

炭水化物を多く含んでいる食材として、写真のように、米・ラーメン・パスタ・うどん・そばが挙げられます。ほとんどが小麦粉を原料にしていますね。


②野菜にも炭水化物を多く含んでいるものもあるので注意!

根菜類・トマト・玉ねぎは育つエネルギーを蓄えた高炭水化物性の食べ物です。

③調理法は「揚げる」を避け、「焼く」「蒸す」「煮る」「そのまま食べる」を中心に。

④お菓子や、酒を避ける。

酒にはコルチゾールというストレスホルモンを出す成分が含まれており、また酒は食欲を増進させるのでつい食べ過ぎてしまいます。お酒は週末に一・二杯と決め減らしましょう!

またビールやカクテルは糖質が高いので避け、蒸留酒 (ジン・ラム・ウォッカ)やワインを飲みましょう。

 

⑤フルーツも糖質が多い!

フルーツには果糖も含まれているので口直し程度に食べるようにしましょう。

以上の食材に気をつけると自然と低糖質の食事になります。

まずは二ヶ月、チャレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です